子宮頸がんワクチンについて

2020年3月29日

平成25年4月より、子宮頸がんワクチンも定期接種の仲間入りをしたものの、現在、積極的には接種を奨励していない状態が続いておりますが、ご希望の方にはワクチン接種の有効性や、実際の接種について、ご説明させていただきます。遠慮なくお問い合わせください。

小学校6年生から、高校1年生の学年に当たられる女子が、公費で接種できる対象となっています。(お仕事をされている方も、インターナショナルスクールやフリースクールに在籍の方も、日本での学校の「学年」が基準となります。)それを過ぎますと、3回で5万円程度費用がかかることになります。

 このワクチンは、3回接種しなければならないのですが、3回目が高校1年生の最終日(16歳になって最初の3月31日を迎えるまで)に間に合わなければ、自費で接種することになります。1回目から3回目まで最短でも6ヶ月かかりますので、接種しないまま中学校を卒業してしまわれた方は、少なくともその年の夏休みには初回接種を始めて下さい。(体調をくずしたり、クラブや試験等で受けられなくなることもありますいので、夏までには計画されることをお勧めします。)

なにかご質問がありましたら、いつでもお問い合わせ下さい。

0797-25-0911

Copyright© メイプルこどもクリニック All Rights Reserved.